治療設備の紹介

笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)

笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)田中歯科医院では、歯科治療に恐怖心がある方や、嘔吐反射の強い方に対して、笑気吸入麻酔を導入しております。

笑気麻酔は、亜酸化窒素30%、酸素70%の混合気体(甘い香りのする無刺激性のガス)を鼻から吸入します。数分で鎮静状態になります。吸入している間は、ぼんやりとしたほろ酔い気分のリラックスしたいい気分になります。痛みの感覚が鈍くなるため、後で行う麻酔の痛みが少なくなります。意識がはっきりしており、会話の受け答えも普通にできます。笑気の吸入を止めると1分程で元の状態に回復します。幼時からお年寄りまで使用できる安全な麻酔です。

● こんな方にお勧めします

  • 歯科治療に不安・恐怖心を強くお持ちの方
  • 嘔吐反射が強く歯型をとったりできない方
  • 高血圧があり、歯科治療のストレスを軽減したい方

※笑気麻酔は全てのケースで行うわけではありません。以上のような方に笑気吸入鎮静法を行っています。

Nd-YAGレーザー

Nd-YAGレーザー田中歯科医院で使用しているのはNd-YAGレーザーです。知覚過敏症、口内炎、歯周病、顎関節症、むし歯予防、根の治療などに使用しています。

知覚過敏症

レーザーを照射すると短時間で効果的に治療することができます。

歯周病

歯周ポケット内部に直接レーザーを照射して殺菌します。

根の治療

根の中にレーザーを照射して殺菌します。

疼痛緩和

口内炎や顎関節症の痛みを軽減することができます。

むし歯予防

フッ素塗布後にレーザーを照射すると予防効果が上がり再石化能力がアップします。

ダイアグノデント(歯面状態認識装置)

ダイアグノデント(歯面状態認識装置)視診やレントゲンで判断が困難な初期のむし歯(穴が開いていないもし歯)をレーザーで検査する装置です。検診などでは、歯の溝が着色しているとむし歯と判断されることがあります。むし歯をレーザーにより測定し、数値によって予防か治療かを検討します。

数値が30以上だと、削って詰めるような治療が必要になります(30以上でも予防で経過を観察して行く事もあります)。

ダイアグノデントの使用により、局所的な治療を施すことが出来、歯質の保存につながります。

ホルホープ(ホルマリンガス滅菌器)

ホルホープ(ホルマリンガス滅菌器)熱に弱いプラスチックなど高圧蒸気滅菌器では滅菌できない器具を滅菌します。

ホルマリンガス滅菌器は、MRSA、HIV、肝炎(A型、B型、C型など)などのウイルス等、広範囲に強力な滅菌作用をもっています。

ケア3プラス

ケア3プラス歯を削る時に使用する器具(タービン、5倍速コントラ等)は、内部に汚れが溜まります。

田中歯科医院では、患者さん毎にこの装置を使用しての内部の汚れを洗浄します。

洗浄が終了したら、さらに滅菌器で滅菌します。

iCAT(インプラント術前シュミレーションソフト)

iCAT(インプラント術前シュミレーションソフト)顎の骨の形は外から見た状態や、レントゲン写真だけでは判断しにくい場合が多く、提携先医院にCT撮影を依頼します。

依頼先からのCT画像データーをiCATで解析し骨の状態、幅、神経との位置関係、硬さなどを正確に知ることができます。

Copyright © 2009-2017 Tanaka Dental Clinic. All Rights Reserved.